読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

ジムワークで効果的にダイエットするには?

運動の最中に脂肪を減らしたいなら、やはりエアロビックな運動しかないと思います。ただ痩せるための手っ取り早い手段として、エアロビックに過大な期待をもつのは間違い。エアロビックのエネルギー消費自体はそんなに大きなものではないからです。

 

f:id:silencio666:20161107193346j:plain

 

たとえば、45分間ウォーキングしても、エネルギー消費はせいぜい150キロカロリー ぐらい。仮に、その半分の75キロカロリーが脂肪だとしても、重さで言えばわずか10gほどです。

 

体重を1キロ減らそうと思ったら、ウォーキングを45分×100回。ということは、毎日やっても3ヵ月はかかる計算です。エアロビックによって脂肪が減ることは確かですが、1回やれば脂肪がごっそり減るということはありえないのです。

 

それよりは、エアロビックと筋トレを効果的に組み合わせたほうが、はるかに 脂肪が減ります。そして、その順序がポイントです!

 

筋トレの後にエアロビックをやるほうが、エアロビックの後に筋トレをやるより、脂肪の代謝が抜群に良いのです。 専門家の研究では、筋トレ→エアロビックという順番で運動した場合、脂肪の代謝が格段に上がる一方、エアロビック→筋トレの順番で行なうと、どんなに成長ホルモンや交感神経の分泌を強くうながす筋トレであっても、全然ホルモンの分泌が起こらなくなり、脂肪も分解されないという結果が出ました。

 

せっかく筋トレをやっても、後で成長ホルモンが分泌されなければ筋トレの効果が出てきませんし、成長ホルモンによる脂肪の分解という点でも圧倒的に不利というわけです。ちなみに、脂肪を減らすことを目的にした筋トレでは、やはり足、胸、背中などの大きな筋肉を鍛えるのが効果的です。大きな筋肉ほど、ホルモンの分泌や交感神経を活性化し、 脂肪も多く分解されますから。

 

これらのことから、ジムワークで脂肪を減らすなら、筋トレで大きな筋肉を鍛え、休憩を入れた後にエアロビックという順番が、一番効果的ということになるでしょう。

体の大きな筋肉から鍛えた方がいいというのは本当?

これは事実です。理由は三つあります。


まずトレーニングする時間は、人によってまちまちですが、だいたい1~2時間ほどはやると思います。そして、後半になるほど疲れがたまり、どんどん効果が落ちてきます。だから、体力が十分あるうちに、鍛える価値の高い大きな筋肉を優先的に鍛えようというのがーつめの原則になっています。

二つめの理由は、日常の動作にしろ、スポーツの動作にしろ、力を発揮する起点は必ず体幹の大きな筋肉になります。根本の筋肉が大きな力を出して、それを末端に伝えてくわけです。そうした力のつながり方を考えても、大事な筋肉は体の中心に近い大きな筋肉ということになります。

f:id:silencio666:20160512222634j:plain

 三つめです。筋カトレーニングの基本種目といえば、ベンチプレスやスクワットですよね。これらは構造的エクササイズと呼ばれるもので、カールのような種目と違い、複数の筋肉を連動的に使う種目です。ベンチプレスの場合、主に使う筋肉は体幹側の大胸筋。これをだいたい60~70%使います。残りの30~40%が肩や上腕三頭筋といった筋肉。それが理想的な形です。

 

ところが、上腕三頭筋などの小さい筋肉から先に鍛えてしまうと、胸の筋肉は元気でも、腕が疲れているのでベンチプレスが上がらないという状況が生まれます。肝心な一番大きな筋肉のトレーニングが十分にできなくなるのです。


これらの理由により、体の中で一番大きな筋肉から、外側に向かって順番に種目を並べていくのが、基本的なトレーニング法ということになっています。