読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

すべてのトレーニングはオールアウトしたほうがいいのか?

f:id:silencio666:20170507125356g:plain

基本的にはYESです。オールアウトに一番当てはまる日本語は 「疲労困憊」。こう訳すと、全身的な印象を受けますが、ここではあくまで筋肉の疲労困憊という意味で使います。

 

1RM( 1回しか上げられない重さ)の65%の負荷を使って、ギリギリ限界に近い回数を繰り返す。それを3セットこなすのが標準的なトレーニングメニューです。年齢にかかわりなく、これぐらいはやらないとトレーニング効果が上がらないという、最低限の値です。

 

オールアウト手前で余力を残してトレーニングを終えた場合でも、効果はそこそこ現われます。ただ、65〜70%程度の負荷だと、最初の数回は筋肉を完全には使いきっていない。

 

最後にきつくなって、やっと筋肉を総動員するような変化が起こる。そこまで使わないと、筋肉に大きな効果は起こりません。本気で鍛えたいなら、やはり回数を増やして最終的にオールアウトするか、それに近い状態までいかないとダメです。

 

筋トレは限界と感じてから何回できるかが勝負!

これが、80%lRMぐらいの負荷になってくると、だいぶ違ってきます。最初の3回、4回ぐらいから、筋肉が総動員で共同作業をはじめてくれる。理想を言えば、8〜15回をやっとできるぐらいの負荷がベストですね。

 

もう上がらない、これはキツいとなったらシメたもの。そこからどれだけ頑張れるかで、筋カアップの効果がダイナミックに変わってきます。ちなみに、セット数を増やすのは、あまり意味がありません。

 

中途半端に セット数を増やしても、筋繊維を使い切ることにはならないからです。むしろ各セットごとに、なるべくオールアウトに近い状態にすべき。筋カトレーニングでは、連続ドラマより一話完結のほうがいい。それが感動のエンディング、すなわち大きな効果を生むのです。

 

もう少し持久的なトレーニングになってくると、本来の 「疲労困憊」の意味に近い状態になることもあります。たとえば400mを走り切るような運動では、もっと全身的なオールアウトに追い込まれる。

 

こうなると、筋肉の疲労困憊とは話が別になります。対乳酸性能力を高めたいとか、最後のひと踏ん張りの力をつけたいという時は、もちろん全身を追い込むトレー二ングをしたほうがいい。でも、長距離走のような全身持久力が必要な競技では、必ずしも筋肉のオールアウトを必要としません。持久系のトレーニングでもオールアウトしたほうがいいかどうかは目的によると思います。

筋肉増強『ファーミア・マッスル』30錠 3箱【ビリリティショップ】 筋肉増強『ファーミア・マッスル』30錠 3箱
10,401円

天然ハーブ配合・筋肉増強サプリ
Ads by 電脳卸