読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

筋トレをしないと不安でしかたなくなるメカニズム

f:id:silencio666:20170507125356g:plain

筋肉が落ちてしまうのではないかと不安になって筋トレを一生懸命やるのは、勤勉で悪いことではありません。

 

でも、そういう人ほどオーバートレーニングに陥ってしまいがち。トレーニングは、あくまで筋肉を強くする一条件であり、その後の栄養と休養がワンセットになって初めて効果が出るのだと、何度も自分に言い聞かせたほうがいいですね。

 

筋肉中のタンパク質の合成も、いったん上がった数値が下がるまでに、3日間ぐらいかかります。筋トレした翌日は、まだ筋肉は工事中。工事がきちんと終わるのを待ってから、再開するというつもりでいたほうがいいでしょう。

 

この不安が筋トレの常習性、たとえば「筋トレ中毒」や「筋トレ依存症」のようなものから来ているのではないかという考え方もあります。確かに、エアロビックな運動の場合は「ランナーズハイ」と言って、体の中にβエンドルフィンというモルヒネ様物質(脳内モルフィン)が分泌されるため、ある段階を過ぎると気持ちよくなるという事がわかっています。

 

これは体にとっては防御反応のようなもの。脳内で「苦しい、もう限界だ」と感じると、多少でも和らげてやろうということで、麻酔薬のような物質が出るのです。ですから、それなりの常習性があるというか、脳内がこの状態にならないと気が済まなくなるという事はあると思います。

 

でも、同じように「筋トレハイ」があるかどうかは、よくわかっていません。ただ、筋トレ後に爽快感が生まれることはたしかにありますよね。

 

f:id:silencio666:20160724193841j:plain

 

運動すると、筋肉から「マイオカイン」という物質が出てきます。それが体の中の様々な組織や器官に影響を与えるのではないかという説も出てきています。

 

また、筋トレはエアロビックに比べて、短時間に交感神経を活性化させ、終わった後も短時間でその働きが落ちる傾向があります。身体にとっては、訓導に強弱の落差が心地よく、常習性と似たような効果をもたらすかもしれません。