読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

年をとっても筋肉のスピードは落ちないってホント?

筋トレのマメ知識

驚かれるかもしれませんが、おそらく本当です。年齢を重ねるにつれ、人は誰でも動きが鈍くなっていきます。これは主に筋力の低下によるもの。加齢による筋力の低下は、すでに様々な研究により実証されています。

 

たとえば、一番落ちやすい大腿四頭筋の場合、25~30歳をピークに、筋肉は1年につき1%ずつ細くなっていきます。ということは、30歳から80歳までの50年間で、筋肉の太さは50%、つまり半分に減ってしまう。

 

2本足が1本足になるようなものですから、立ち上がるときに「よっこらしょ」となるのも無理はありません。

 

ところが、私たちが以前に行なった実験では、意外にも筋肉そのもののスピードは加齢の影響を受けないという結果が出ました。

 

1000人以上の高齢者を調べた結果、筋力はたしかに75歳で半分くらいに落ちますが、「筋肉にかかる負荷がゼロ」という条件のもとで測定すると、筋繊維一本ずつの最大速度は全く変わらないのです。

 

f:id:silencio666:20160630221503j:plain

加齢で筋肉が落ちるのはしょうがない。だからこそ維持をする努力を

収縮速度が速く、力も大きい速筋繊維が少なくなれば、それだけ動きが鈍くなるというわけです。でも、筋肉に占める割合は減っても、筋繊維そのものが劣化するわけではない。

 

ですから、加齢とともに動きが落ちるのを防ぎたいのであれば、やはり今の筋力を維持し、速筋繊維をなるべく減らさないようにすることが一番だと思います。

 

速筋繊維を維持するには、大きな筋力を発揮する運動が最適です。ただ、高齢になると無理な運動は思わぬケガにもつながってしまいますから、工夫が必要でしょう。

 

おススメするのは、たとえばスロートレーニング。これなら安全ですし、重い負荷をかけないとはいえ、運動の後半は速筋繊維を使わざるを得ないので効果的です。

 

それから階段を下りる、坂道を下るといった伸張性の運動。これも、負荷が軽いわりに速筋繊維を使いますので、衰えを防ぐための気軽で効果的な運動です。

 

中年期にさしかかると、階段の上り下りがだんだんつらくなり、ついついエレベータに頼ってしまいがち。でも、せめて下りる時だけは階段を使いたいものです。

 

ちょっとした運動を日ごろから心がけることで、いざ老年期を迎えたとき、階段を下りるのが怖くなったり、ちょっとした転倒で大きなけがをしたりすることも防げるでしょう。