読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

頼れる男の条件!太い腕に鍛えるには?

筋トレのマメ知識

上腕二頭筋、上腕三頭筋も筋肉の代表例と言えるものなので、基本的には胸筋や大腿四頭筋と同じと考えていいでしょう。ただ、大胸筋や大腿四頭筋と比ベるとサイズが小さいので、セット数はやや少なくても大丈夫です。


上腕二頭筋の場合、1回のトレーニングで3セットもこなせば十分な効果が出ます。バーベルカールやダンベルカールを80%1 RMで3セット週2回。そのくらいを目安にすればいい。

 

上腕二頭筋と上腕三頭筋のセット数は同じか、上腕二頭筋が少し多めでいいでしょう。というのは、上腕三頭筋はベンチプレスやショルダープレスなどの時にも協働筋として使われているからです。

 

逆に、プルダウンやローイングのようなフル系の種目をとくにたくさんやるという人は、上腕二頭筋のトレーニングを少なめにしてもいいかもしれません。

 

f:id:silencio666:20160513231227j:plain


腕全体で言うと、前腕が太くなりにくいと悩んでいる人が多いようです。
これは当然。前腕やふくらはぎは特殊な筋肉で、標準的なトレーニングの原則は成り立ちません。遺伝的な影響を非常に強く受けていて、いくら卜レーニングをやっても太くなりにくい人がいるのです。

 

太くするのが不可能というわけではなく、鍛え続ければそれなりに効果は出てきますが、80%1RMで8~10回という基本的なトレーニングでは難しいかもしれません。


前腕は持久性がきわめて高い筋肉です。しかも、その中には細かい筋肉がたくさん詰まっています。その筋肉をフルに使いきって鍛えようと思ったら、回数をかなり多くしなければいけません。リストカールなら30~40RMを目安にするといいでしょう。回数は必要ですが、セット数は多くなくてもいい。ーセットしっかりやればそれで十分です。