読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

マシンとフリーウェイトではトレーニング効果は違うのか?

f:id:silencio666:20170507125356g:plain

マシントレーニングの良いところはシンプルさ(技術がいらない)と安全性。この2点に尽きます。イスの高さを調節し、座って、目の前にある棒を押す(引く)といった程度ですか、指導者に使い方を教わらなくても簡単な説明書を読めばすぐにできます。また、動作がレールなどによってガイドされるので、変な動かし方をすることがない。したがって、ケガをする心配がありません。


一方、フリーウェイトには危険性と難しさがあります。動きがガイドされないので、どんなふうにも上げ下げできる。間違ったフオームでトレーニングをして、ケガをする危険性が高い。だから正しいフォーム、バーベルの軌道などをしっかり習う必要があります。習熟するまでに1~2年はかかるでしょう。

 

f:id:silencio666:20160513211219j:plain


そのかわり、フリーウェイトには次のような利点があります。動きがガイドされていないので、実際のスポーツにおける筋力発揮の場面に近い。バーベルー本あれば何十種類ものトレーニングができるので、マシンに比べてスペース効率や経済性がいい。そして最も重要なポイントは、トレーニング効果という点で、フリーウェイトの方がマシンよりずっと大きい。


フリーウェイトは、上げる時も下ろす時も、同じ荷重がかかります。ところが、マシンにはギアやレールなどがあるので、どうしても摩擦が起こり、出来のいいマシンでも、下ろす時の負荷が80%ほどに落ちてしまいます。それを補うため、マシンを使う場合は下ろす時にしっかり筋肉を働かせることを意識する必要があります。

マシンは安全性が高く、心理的なストレスも少ないので、フリーウェイトよリセッ卜間のインターバルを縮めることが可能です。30秒~1分ぐらいのインターバルで、どんどんやっていく。ノーインターバルでどんどん負荷を落としていくテクニック(ディセンディング法)もあります。例えば、100㎏が上がらなかった時点で80kgに落とす。それが上がらなかったら、60㎏に落とす。この方法は、ピンを差し込むだけで負荷を変えられるマシンの方がやりやすい。そういった工夫によって、マシンでもトレーニングの質を高めることはできます。