読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

体の大きな筋肉から鍛えた方がいいというのは本当?

筋トレのマメ知識

これは事実です。理由は三つあります。


まずトレーニングする時間は、人によってまちまちですが、だいたい1~2時間ほどはやると思います。そして、後半になるほど疲れがたまり、どんどん効果が落ちてきます。だから、体力が十分あるうちに、鍛える価値の高い大きな筋肉を優先的に鍛えようというのがーつめの原則になっています。

二つめの理由は、日常の動作にしろ、スポーツの動作にしろ、力を発揮する起点は必ず体幹の大きな筋肉になります。根本の筋肉が大きな力を出して、それを末端に伝えてくわけです。そうした力のつながり方を考えても、大事な筋肉は体の中心に近い大きな筋肉ということになります。

f:id:silencio666:20160512222634j:plain

 三つめです。筋カトレーニングの基本種目といえば、ベンチプレスやスクワットですよね。これらは構造的エクササイズと呼ばれるもので、カールのような種目と違い、複数の筋肉を連動的に使う種目です。ベンチプレスの場合、主に使う筋肉は体幹側の大胸筋。これをだいたい60~70%使います。残りの30~40%が肩や上腕三頭筋といった筋肉。それが理想的な形です。

 

ところが、上腕三頭筋などの小さい筋肉から先に鍛えてしまうと、胸の筋肉は元気でも、腕が疲れているのでベンチプレスが上がらないという状況が生まれます。肝心な一番大きな筋肉のトレーニングが十分にできなくなるのです。


これらの理由により、体の中で一番大きな筋肉から、外側に向かって順番に種目を並べていくのが、基本的なトレーニング法ということになっています。