読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

筋肉を大きくさせるために最適な負荷はどれくらい?

筋トレのマメ知識

筋肥大を起こすためには、筋肉が大きな力を出さなければいけません。したがって、それなりに強い負荷が必要になります。

 

重さの尺度を表わす単位に、RM(レペティション・マキシマム=最大反復回数)というものがあります。たとえば、「1RM」はー回しか上げることのできない重さを指します。2RM、3RMと数が増えていくにしたがって、負荷は軽くなるということになります。

 

それに対して「80%1RM」という表現は、1回上げられる重さの80%という意味。100kgをー回しか上げられない人なら、80kgが1RMになります。そして、80%1RMは、だいたい8RMに相当します。

 

でも負荷は、強ければ強いほどいいわけではありません。90%1RM(1~3RM)のような高強度のトレーニングになると、筋肥大は逆に起こりにくくなります。起こらないわけではありませんが、むしろ筋肉のサイズは変わらずに筋力が増える、という神経系のレベルアップが起こりやすくなるのです。

 

筋肉を太くするには、強い負荷に加えて、トレーニング量という要素が重要になります。挙上回数を増やし、筋肉が力を発揮したトータルの時間(筋力発揮時間)も長くした方がいい。となると、90%1RM以上の負荷は、回数をこなせないので筋肥大には適していません。あくまで筋肥大を目的とするなら、80%1RM(8~10RM)がべストということになります。

 

f:id:silencio666:20160509195615j:plain

 

ただ、80%1RMという重さは、人によっては重すぎたり、逆に物足りなさを感じたりすることもあります。ですから、70%1RM(≒15RM)~85%1RM(≒6RM)くらいの範囲で考えていいと思います。それをトレーニングレベルや体調によって使い分ければいいでしょう。

 

65%1RM(≒20RM)よりも負荷が軽くなると、普通のトレーニングでは筋肥大は起きません。これは実験でも確かめられています。筋肉を太くしたいなら、70%1RMを最低ラインと思ってください。