読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーミアマッスル効果解説!理想の筋肉増強サプリメント

スポーツをしている方に最適なファーミアマッスル。ステロイドではないノンケミカルで安全性が確実な筋肉増強サプリメント。多くのアスリートが愛用し、わたし自身も飲み続けているファーミアマッスルの効果を解説。

筋肉量を増やすと脂肪はメラメラ燃える!

f:id:silencio666:20170507125356g:plain

どうやったらついてしまった体脂肪を効果的に燃やすことができるのか?・・・

正しい選択は、この減ってしまった筋肉を戻し、そしてさらに筋肉量を増やす事です。 

筋肉は、その収縮活動が無い動いていない状態でも、1 グラムにつき一日に 30 キロカロリー消費すると言われています。

その筋肉を増やせば増やすほど、『基礎代謝』はぐんぐん上がり、脂肪をどんどん燃焼するファット・バーナー状態になっていくのです。

 

美しい筋肉美のポイントは『速筋』を増やすこと

f:id:silencio666:20170509133201j:plain


ではその筋肉ですが、少し専門的な話になりますが、筋肉には大きく分けると 2種類あります。一つは「速筋」、もう一つは「遅筋」です。

特徴は「速筋」は持久力はあまりないけど、瞬発力や大きな力を出すことができて筋肉収縮速度が速い、肥大しやすい筋肉、一方「遅筋」は、大きな力を出すのには向いてないけど、持久力に優れている、肥大しにくい筋肉です。

運動でいうと「速筋」は筋トレや、ダッシュなどでのいわゆる無酸素運動でつかわれる筋肉、「遅筋」はジョギングやマラソンなどの有酸素運動で使われる筋肉です。

筋生理学の権威、東京大学教授の石井直方教授の研究発表に基づきますと、
 

筋肉による熱生産という観点から見ると、いままでは遅筋が脂質を代謝する事で 担っていると考えられてきましたが、この考え方がある発見によって大きく変わっ てきているということなのです。

それは、「UCP-3(脱共役たんぱく質-3)」という脂質や糖質の持つエネルギー をすべて熱に変えてしまういわば「脂肪燃焼タンパク質」の発見で、この「UCP- 3」をつくる遺伝子が、速筋内で大量に発生する事が確認された事実によって分 かったのです。


ですから、筋肉による熱生産は、おもに「速筋」が担うというのが新しい常識にな ってきているということなのです。

更に詳しく説明しますと、「速筋」はその筋繊維が白く見える事から「白筋」と「遅 筋」は赤く見える事から「赤筋」という言い方をされるんですが、実はその中間にも う一つ「ピンク筋」があるんですね。

「速筋」は更にタイプⅡaとタイプⅡbの二つに大別できるのですが、この「速筋」の タイプⅡb は「純白筋」です。「ピンク筋」とは「速筋」のタイプⅡa のことです。

このタイプⅡa「ピンク筋」に脂肪を熱に変えてくれる「UCP-3(脂肪燃焼タンパク 質)」の発現が最も多いということなのです。

 
そして赤・白・ピンクの中でもっとも肥大しやすいのがピンクの「速筋」なのです。


「基礎代謝」を上げるのは筋量です。

遅筋はあまり筋肉を大きく出来ないので、「基礎代謝」を大幅に上げるのは難しいです。

つまり、安静時の脂肪燃焼量はあまり増やせないわけです。

ですから、安静時にもエネルギーを大量消費し、体脂肪を燃焼しさらに体脂肪を蓄えにくく、太りにくい体をつくるためにも、一番筋肥大しやすいピンクの「速筋」を 増やすことが、『基礎代謝』をぐんぐん上げ、締まったカッコいいカラダにするための最大の近道といえるのです。


いかかでしょうか?

体脂肪と「基礎代謝」が大きくかかわっていること、そして単なるダイエットではなく 筋肉をつける事で、その「基礎代謝」を上げることがついた脂肪を燃やし、脂肪のつきにくいカラダを創る訳が良くご理解いただけたでしょうか?